クビンスホールスロージューサー最新版の特徴と魅力

クビンスホールスロージューサー最新モデル

このページでは、2015年に発表された、クビンスホールスロージューサーの最新モデルをご紹介しています。

 

クビンスホールスロージューサーの最新モデルの正式な型番は、JSG-121という形式です。

 

このJSG-121の特徴は、次のようなものです。

  • 投入口の直径が7.3cm
  • ニンジンやホウレンソウの束がそのまま入る
  • 食材を切らずに入れられるため手間が少ない
  • 音が静かで朝のニュースを見ていてもTVの音量を上げる必要がない
  • 小さいお子さんがいるご家庭では赤ちゃんが寝ていても平気

このような特徴が挙げられます。

 

また、回転刃が高速回転する家庭用ミキサーと違って
素材の栄養素が摩擦熱や衝撃で壊れないという点が、普通のミキサーとの最大の違いです。

 

 

スロージューサーと家庭用ミキサーの違い

スロージューサーと家庭用ミキサーの違いは、素材の栄養素をいかに壊さずにそのままジュースにできるのか。
というクレンズジュースを作る上でもっとも大切な部分の効率を最大限にすることが可能になります。

 

この違いを分かりやすく言うと・・・

 

例えば、1,000円分の野菜や果物を買ってきて、500〜700円分の栄養しか摂れないのと
限りなく1,000円分に近い栄養が摂れるというくらいの違いがあるわけです。

 

長い目で見ると、間違いなく後者の方がメリットがあると言えるのではないでしょうか。
これが、スロージューサーと家庭用ミキサーの違いです。