クレンズダイエットの回復食のコツ

クレンズダイエットの回復食のコツ

クレンズダイエットもそうですけど、断食ダイエットでいちばん心配なのは、リバウンドしてしまうんじゃないか・・・という点ですよね。
クレンズダイエットは、酵素ドリンクで行う事で、基礎代謝を高める働きが期待出来ますけど、それでも断食ダイエットである事は変わらないので、リバウンドに対しての警戒は必要です。

 

そこで大切になってくるのは回復食です。

 

回復食とは、断食が終了した日から食べ始めるものですが、やはり断食期間の長さに応じて期間の長さを変えて柔軟に行うのが大切です。
それと低カロリーで消化・吸収に優れた食材でメニューを組み立てる事ですね。

 

そこで、このページでは「クレンズダイエットの回復食のコツ」と言うテーマで、お話をさせて頂きます。

回復食のコツ|メニュー

クレンズダイエット 回復食 コツ

クレンズダイエットの回復食に最も大切な要素はカロリーを抑えたものである事と消化・吸収に優れているものである事です。
この条件を満たすのにいちばんおすすめな食材は玄米です。
玄米は、精白米とカロリー自体はまったく変わりませんが、その代わりに精白米では落ちてしまう豊富な栄養素を含んでいます。

 

脂肪燃焼ビタミンと言われているビタミンB2は白米の2倍も摂る事が出来ますし、食物繊維に至っては白米の5倍も摂る事が出来るんですよ。
ただし、玄米で唯一つ問題になるのは、普通に炊くと硬く炊けてしまうので、柔らかくするためにおかゆにするのがポイントです。

 

お水から炊くおもゆにしても食べる事が出来ますし、普通に炊き上がってからお水を加えておかゆに仕立てても良いですよ。
どちらでも圧力鍋があると意外に短時間で素早く炊けるので、圧力鍋が用意できるとさらに良いですね。
おかゆに溶き卵を混ぜてあげてミネラルもしっかり摂れるようにして作ると本当に万能栄養食の出来上がりです♪

回復食のコツ|食べ方

クレンズダイエットの回復食のコツ

クレンズダイエットの回復食のコツで食べ方というものもあります。
とは言っても難しくはありません。断食が終了した直後の量は「え!少ないよ。」というくらいの量をゆっくり噛みながら食べるようにするのがポイントというだけです。

 

なぜかというと、断食によって外側からの刺激がまったくない状態を過ごしていたので、そのタイミングでいきなり食べ始めると、唾液を分泌する唾液腺が急激に反応してしまい口腔内が敏感になってしまうからです。
断食中は一切の食べ物を口にしていないので、味も薄めにする事をおすすめします。

 

少しづつ慣れていきながらゆっくり量を増やして、食べる速度も少しづつ上げて行く事がクレンズダイエットの回復食の食べ方のコツです。

 

もし、回復食での体重の戻り幅が心配という方の場合はミネラル酵素グリーンスムージーがおすすめです。
低カロリーで、味もマンゴー味で美味しいですし、もしマンゴーが苦手な方なら別の味をチョイスする事も出来ます。
味の種類は全部で5種類。

クレンズダイエットの回復食のコツ

  • マンゴー味
  • はちみつレモン味
  • ベリー味
  • バナナ味
  • アセロラ味

ちなみに管理人の個人的な好みはバナナ味とはちみつレモン味です。ベリー味はちょっと酸味が強いような気がします。
お前の趣味なんか聞いてないよ!って怒られてしまいそうですが、本当にクレンズダイエットの回復食にもクレンズダイエットの断食期間中にも使えるのは重宝します♪

 

クレンズダイエット 回復食 コツ