クレンズジュースは妊婦が飲んでも大丈夫?

妊婦さん画像

妊娠5ヶ月目の妊婦ですが、クレンズジュースを飲んでも大丈夫ですか?というご質問を頂きました。

 

クレンズダイエットは、妊娠中の妊婦さんでも体重管理やむくみ・便秘などの悩みの改善に最適なのですが、
お腹の赤ちゃんの成長のためにはちゃんと栄養バランスが取れたクレンズジュースが必要です。

 

なので、ローラちゃんや道端ジェシカさん、藤原紀香さんなどが飲んでいるコールドプレスジュースはおすすめ出来ません。

 

このページでは、妊娠中のクレンズダイエットのメリットや無理のないやり方をご紹介すると共に、妊婦さんが安心して飲めるノンカフェインで身体を温めてくれる効果も期待出来るクレンズジュースをご紹介しますので一緒に見て行きましょうね♪

 

妊娠中のクレンズダイエットの効果

妊娠中の妊婦さんにとって、体重管理という意味でのダイエットはとても大切です。

 

これは、妊娠中の母体と赤ちゃんの健康を守るための必要な要素で、妊娠中高血圧症候群や妊娠中毒などにかかってしまうと、赤ちゃんだけではなく母体の命にも関わってしまうからです。

 

しかしながら、妊娠中に分泌量が増えるプロゲステロンという女性ホルモンの働きによって、体内に水分を溜め込んでしまいやすいのが妊娠中で、これがむくみや便秘の原因になったりもします。

 

クレンズダイエットは、こういった妊婦さんの身体の仕組みによって起こる悩みでもあるむくみや便秘を改善する効果が期待出来ます。

 

というのは、妊娠中のむくみは、体内でナトリウムと一緒に尿や汗として排出するためのカリウム不足が原因ですし、
便秘は、腸内の水分を集めて来てしまうプロゲステロンの働きによって、腸内の水分が奪われてしまうと、便が硬くなってしまうので、自然な排泄が出来にくくなってしまうんですね。

 

クレンズダイエットがこれらの悩みを改善出来る可能性がある根拠は、クレンズジュースに含まれる水溶性食物繊維の働きで便を柔らかくする事が出来ると考えられるからです。

 

また、むくみの改善についてはプロゲステロンの働きはあるものの、緑黄色野菜や果物に豊富に含まれているカリウムによって、体内のナトリウムバランスを整えてくれて子宮のために利用される以外の余計な水分が溜まってしまう事を防いでくれるんですね。

 

妊娠中にも、むくみや便秘などに悩まされない方もおられます。そういった方は栄養バランスが取れた食生活と適度な運動、水分補給などすべてが程よく出来ているからなんですよ。

 

そういった理想的なバランスに少しでも近づけてあげられる可能性があるのが、妊娠中のクレンズダイエットの効果とメリットなんですね。

 

妊娠中のクレンズダイエットやり方は?

クレンズダイエットは日数を自由に決められるとは言っても、基本的に断食を行います。

 

ですので、妊娠中のクレンズダイエットのやり方は、まず無理をしない事がいちばん大切です。

 

ですので、クレンズダイエットを行うなら、まずは、半日や一日など無理のないところから始めて体調と相談しながら行ってみてはいかがでしょうか。

 

先ほども軽く触れましたが、母体と赤ちゃんのための栄養補給が最優先です。

 

クレンズダイエットの断食中はクレンズジュースだけが栄養源になるので、特に妊娠中は慎重になる必要があるんですね。

 

また、もうひとつ大切な要素なのですが、妊娠中の体重管理をクレンズダイエットに頼り切ってしまうのではなく、呼吸を整えるストレッチや、ゆっくりとしたウォーキングなどの適度な運動と組み合わせるようにしてみて下さい。

 

ただし、クレンズダイエットの断食中は安静が必要です。

 

これは、クレンズジュースの栄養素が内臓脂肪の分解や必要最低限の身体の維持のための栄養素に限定されるからです。

 

ですので、ストレッチやウォーキングなどの適度な運動はクレンズダイエットを行う以外の普段の生活の中で採り入れましょう。

 

妊娠初期はクレンズジュースを飲んでも大丈夫?

妊娠初期のクレンズジュースを飲む事は全く問題ありません。

 

ただし、断食を伴うクレンズダイエットは行わないという点は守って下さいね。

 

というのは、妊娠初期はホルモンバランスの急激な変化で、二つのタイプの『つわり』が起こってしまうからです。

 

  • 吐き気が酷くなにも食べられない『吐きつわり』
  • 常に何かを食べていないと吐き気がする『食べつわり』

 

この二つのつわりで、特に体重管理に注意が必要なのは食べつわりなのですが、妊娠初期は、赤ちゃんのベッドでもある胎盤を作らなければならない時期です。

 

この時期に断食を行ってしまうと、胎盤の完成が遅れてしまったり、赤ちゃんへの栄養供給が不充分になってしまう可能性も・・・

 

月齢で言うと、妊娠16週目頃までは、多くの妊婦さんが『どちらかのつわり』に悩まされます。

 

なので、食べつわりに襲われて体重が急激に増えたとしても、慌てて断食はせずに、ちゃんと安定期(妊娠17週目以降)になってから、体調と相談しながら無理のない範囲でクレンズダイエットを行って7くださいね。

妊婦さんのクレンズジュース

妊娠中にクレンズダイエットを行う場合には、やはりクレンズジュースの選び方が大切になってきます。

 

妊娠中に安心して使えるクレンズジュースの必要な条件は

 

  • ホットでも飲める事
  • 鉄分やビタミンB群、葉酸などの栄養バランスが良い事
  • デトックスのためのカリウムも摂れる事

 

これらが大切な条件になります。

 

また、味が良くないと断食中に飲むのがつらくなってしまうので、ここも意外と大切な部分です。

 

妊婦健診などで、先生に怒られた方なら危機感を持っておられると思いますが、妊娠中に無理は禁物です。

 

これは、ストレスという意味で精神的にも無理をするのは良くありませんので、味も大切な要素になってくるんですね。

 

妊婦さんが安心して飲めるクレンズジュース

ここまで、妊婦さんが妊娠中の体重管理に使えるクレンズジュースの条件や注意点などをお話して来ました。

 

これらを考えた上で、妊娠中の体重管理におすすめのクレンズジュースが酵素ドリンクです。

 

それが『ベルタ酵素ドリンク』なのですが、

クレンズジュース 妊婦

その理由がいくつかありますので簡単にご紹介しますね。

 

  • 165種類の野菜や果物の素材からバランスの良い栄養摂取が出来る
  • 定期購入で無料プレゼントされる酵素サプリでむくみや便秘改善の栄養素もカバーできる
  • ピーチ味でほんのりと甘い美味しさ

 

これらのメリットは、大切な妊娠中の母体と赤ちゃんの両方を守るのにプラスに働いてくれます。

 

妊娠初期でつわりがある方は食欲がなくなってしまう方も多く、この時期は胎盤や赤ちゃんの身体の根本が作られる時期でもあるので、栄養補給が必要な点。

 

そして、妊娠後期でお腹も大きくなって、むくみや痛みなどいろいろな不調も起こりやすい時期でも、むくみを和らげるデトックスも栄養バランスの良さも良いとこ取りが出来る点。

 

こういった事が可能なのが、ベルタ酵素ドリンクを妊娠中のクレンズジュースとしておすすめする理由なんですよ。

 

妊娠中の体重コントロールで苦労するのは、管理人のわたし自身も経験がありますが、先生に定期検診で注意された時などは、心配にもなりますし、落ち込んでしまう事もありますよね。

 

ですが、そんな後ろ向きな気持ちを引きずったまま、毎日の食生活に注意してくださいなんて言われても『じゃあ具体的にどうすれば良いのさ!』とイライラしてしまったりもします。

 

妊娠中の体重コントロールは、面倒ですし大変な事も多いですが、それを産後のキレイな自分に直結させられるかも知れないチャンスがクレンズダイエットです。

 

その妊娠中のクレンズダイエットを、赤ちゃんのためにも母体のためにも健康的に行えるクレンズジュースがベルタ酵素ドリンクなんですよ♪

 

妊娠中のクレンズジュース