クレンズダイエットが便秘に良いワケ

ジュースクレンズ便秘

クレンズダイエットは、便秘解消に効果的です。その効果の仕組みは、断食によって代謝プロセスが正常化されるからです。

 

ですが、代謝プロセスの正常化ってどういう事?って不思議に思いますよね。

 

そのあたりの事をできる限り分りやすく解説しますので、便秘に悩んでいる方は必見ですよ。

 

そもそも便秘はどうして起こるのでしょうか。普通に食べているものが消化・吸収されて排出されるだけなら、便秘になるわけがありませんよね。
その理由は、先天的な腸管の異状によって起こる場合を除いては、機能性便秘といって、生活習慣によって引き起こされます。

 

例えば、便が直腸の近くにまで到達して便意があるにも関わらず、時間が無いとか、仕事中であるとかの理由によって便意を我慢してしまうようなケースがそれに当たります。

 

便意は我慢してしまうと、数分で感じなくなってしまうので、そのまま直腸付近に便が留まる事になってしまうんですね。
ここからが大切なのですが、一度止まってしまった便は腸管によって水分が吸収されてしまって、硬くしまった状態になってしまうので、出にくくなってしまうんです。

クレンズダイエットが便秘に効く仕組み

クレンズダイエットは、便秘の解消に効果的と言いましたが、当然ながら理由があります。

 

クレンズダイエットは、断食によって身体の消化・吸収・排泄の3つの機能のうち、消化が要らなくなる断食ダイエット法です。

 

消化・吸収・排泄の3つの代謝活動の中で、いちばんエネルギー消費量が高いのが消化で、その割合は40〜45%と言われています。

 

クレンズダイエットの断食期間中は、固形物の食事を一切口にしないので、3つの代謝活動のうち消化が必要なくなります。

クレンズダイエットが便秘に良いワケ

すると、残る2つの代謝活動にエネルギーが振り分けられる事になります。自然と栄養素の吸収効率も上がり、排泄の効率も上がるというワケなんです。

 

さらにクレンズダイエット中は、ジュース以外で口に出来るものはお水だけなので、必然的にお水を飲む量が増えます。
基本的には、一日で2リットル〜2.5リットル程度のお水を飲むのが体内のクレンズのためには必要とされていますが、人によって量には個人差があります。

 

ですが、クレンズダイエットで便秘を解消したいと考えるなら最低でも2リットル以上のお水は飲むようにしましょう。
すると直腸近くに留まって硬くなってしまった便も柔らかくなるために排出されやすくなるという事なんです。
さらに、酵素と栄養素の適切な摂取で腸内細菌のバランスも改善されます。クレンズダイエットが終わった後は便秘になりにくいとも言えるんですよ。